042-523-4488

instagram

UNCLE BOB HOUSE

ブログ

ブログ

地鎮祭。

2019年05月13日 12:52

日曜日は、武蔵野のシンプル住宅のお家の地鎮祭を

 

執り行いましました

 

20190512_131659 (002)

 

1年がかりで、土地を探され、ようやくお家の着工まできたと、

言われていました。

 

デザインや、内部の仕様もテイストが違いますので、

 

また、ご紹介していきます。

大きい基礎ができました

2019年05月12日 01:18

拝島駅前の平屋店舗の物件も

 

基礎工事まで完成しました。

 

 

20190508_124715

 

 

L型で広めのカバードポーチも設けているので、

間仕切りもなく、ほんとに広々とした基礎ができました。

 

今回は、構造がトラス屋根という事もあり、

パネルで骨組みも作ってしまうの、

あっというまに、形ができます。

 

形ができたら、また、ご紹介したいと思います

 

 

 

シンプルなサイディング張りのお家。

2019年05月10日 01:17

武蔵野市という、とても人気のある場所で、

シンプルなラップサイディングのお家を建築させて頂く事になりました

 

20190418_110524 (002)

 

2区画敷地の、整形地の方で、とても良い土地です。

 

 

20190418_134047 (002)

 

 

20190418_134032 (002)

 

このような感じの、片流れの シンプルなお家です。

 

お施主様は、ラップサイディングという キーワードで弊社を探して下さり、

 

アメリカンハウスでも、サーファーズハウスでも ない、

 

シンプルなお家でもできますか と お問い合わせくださいました。

 

最初は、住宅展示場のビルダーさんとお話進めていたのですが、

ラップサイディングができないとの事で、あきらめきれず、

施工できる、工務店を探されたようです。

 

ご提案も、気に入って下さり、弊社で施工させて頂く事になったのですが、

 

弊社に決めてくれた理由に、ご主人もご家族でお仕事されていて、

弊社の家族経営と、境遇がにていて、また、私の母の事も、

ご主人のお母様と重なるところがあるそうで、

ご主人が、弊社で建てたいと すごく思ってくれたそうです。

そのお話聞いて、力が抜けてしまううれしさがありました。

 

そのお気持ちに答えられるよう、しっかり工事させて頂きたいと思います

 

 

古民家宿

2019年05月07日 04:20

GWはいかがお過ごしだったでしょうか。

リフレッシュしたけど、ちょっと今日からまた、始まるのか~って感じでしょうか(笑)

 

私は、毎年 山菜とりに 新潟の田舎に行くのですが、

 

今年は、おばあちゃんの白寿のお祝いを兼ねて行きました。

 

お祝いしたところは 古民家の宿で

 

上越 古民家宿 うしだ屋 さんです

 

20190503_115623

 

 

20190503_115741

 

雪深いところで、村から出てしまう人が多い中、若夫婦が、古民家を

購入し、改築して 田舎を体験できる 宿を始められ、

おばあちゃんが そこで、お祝いしたいと、宴会をお願いしました。

 

 

 

どのように改築されたのか、ずっと気になってたのですが、

 

始めて入り、見事にきれいに変わってて、驚きました。

 

20190502_160604

 

玄関入ると、屋根の棟木まで見える古木が表しになっていて

いい感じの吹き抜け空間に。

床は、グレーの乱張りが施されていました。

 

 

20190502_160610

宿なので、もちろんフロントもあります。

 

そこの上を、小屋裏使って、プライベートスペース利用されてました

 

20190502_160351

 

食堂 リビング スペースも、天井の高さを利用した空間で、

照明も、ラチスフェンスに照明つけただけなのに、とてもおしゃれな感じでした

 

20190502_160508

 

この小さなスペースには、本が沢山おいてあったり、

ピアノや、その他の楽器が置いてあったり、

すごく ゆっくり、のんびりできるスペースになってて、

子供たちは、この場所にずっといました。

私も、この場所 居心地よかったです

 

 

20190502_160446

 

この和室で宴会しました

普段は、多目的に利用して、ヨガ やったりもするそうです

 

 

とても 前のお家と見違えてしまって、よく考えてるなー

と、勉強になりました。

 

色々と 田舎体験できるように考えられてるそうです。

 

 

関越自動車道 六日町インターから 車で、1時間と

 

すごーい ド田舎の 山の中ですが、

 

空気がとてもおいしくて、カエルや、セミの音しか聞こえなく

冬は、雪が深々と降り積もり所で、時間が穏やかに過ぎていきます。

 

宿の料金も、リーズナブルに設定されてるようで、

外人さんも 来られるそうです。

田舎がなくて、どんなものか感じてみたいと思われた際は、

是非 一度、足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

雑誌 発売されました!!!

2019年04月27日 01:24

お知らせしていました

 

日野市のガレージハウスが掲載された

 

Cal という雑誌の 住宅特集 発売されました!

 

早速 本屋さんに駆け込み、購入。

20190427_130404

 

 

キャー すごーく びっくり!!!

 

 

20190427_130346 (004)

 

なんと 19件 の お家が掲載されてるのですが

 

1番最初の物件に、8ページも 掲載されていました。

 

わー すごく嬉しい~

 

沢山写真が載っていて、どれも素敵に撮れていてます。

 

 

どんな感じの方が住まわれてるか、気になりませんか。

 

雑誌の中で、お写真載っていて、ご職業 なるほど・・・

 

というお仕事されているんですよ。

 

この雑誌の掲載の経緯も、お客様がこの雑誌を昔から

読まれてて、雑誌社に直接、ガレージハウスを建てたんで、

掲載しませんか と、連絡され、丁度、住宅特集出るんで

取材に行きます!

 

みたいな感じで、トントントンと、お話進んで、今日の発売です。

 

T様には、本当に感謝しております。

 

 

アメリカンな住宅沢山載っていました

 

是非 読んでみてください。

 

 

 

基礎工事。ちょっといつもと違います。

2019年04月25日 04:34

拝島駅前で建築中の平屋のアメリカンスタイルの店舗。

 

基礎工事進めています。

 

今回スパンが広く、構造計算をかけたので、鉄筋の量や、コンクリートの厚みも

通常の基礎より、大きい仕様となりました

 

 

20190424_090508 (002)

 

 

20190424_094513 (002)

 

鉄筋は、通常 20cm間隔で 1段配筋するのですが

 

今回は、 15cm間隔 を2段 配筋しています

 

また、壁の来る部分等、基礎の深さも深く地中梁を作っています

 

20190425_092313 (002)

 

床のコンクリート打ち込みしています

 

20190425_095259 (002)

 

 

20190425_092239

 

コンクリートの床が 今回はテナントという事で仕上げになるため

コンクリートを仕上げてもらうのも、土間屋さんといって

左官屋さんの中でも、床を仕上げる専門屋さんに均してもらっています。

 

 

大型連休前で、生コン屋さんも すごく混雑の中

何とか基礎工事の終わりも見えてきて、ほっとしています。

 

連休明け、色々と準備をして、工場制作のパネルにて

構造組んでく予定です。

 

 

 

GWのお休み。

2019年04月23日 01:35

弊社のGWのお休みは、カレンダー通りとさせて頂く予定です。

 

尚、お休み期間中のお時間ある際に、弊社へのご来場ご希望のお客様

 

につきましては、GW 前半 及び 後半 に ご対応可能となっております。

 

是非、ご来場くださいませ。

 

 

また、資料請求ご希望のお客様には、お休み明け お手元に届く手配となります為、

しばらくお待ち頂くよう、お願い申し上げます。

 

 

10連休 楽しく過ごされてください。

4月27日 発売です。

2019年04月21日 11:11

日野市のガレージハウスが雑誌掲載されます

 

 

Cal という雑誌の 住宅特集です

 

CLX_H01

 

表紙は、このような感じのようです。

 

アメリカンなかっこいいお家が沢山載った、

 

弊社のホームページを御覧頂いている方には、

 

とても参考になる雑誌ではないかと思います。

 

この雑誌に、8ページも掲載されます。

 

是非、ご購入してみてください。

 

 

 

 

 

輸入住宅の定番STYLE。

2019年04月20日 10:02

弊社のホームページに、施工例が掲載されていて

色々なスタイルが載っています。

 

現在弊社でお話させてもらうスタイルは、サーファーズハウスといった

カバードポーチ付きの、流行りのスタイルが多いのですがですが、

 

ホームページの施工例で一番見られているお家は、

 

輸入住宅定番のこのスタイルなんです。

 

_DSC0194-1 (3)

 

ラップサイディングに、デコレートされてる飾りをつけた

アーリーアメリカンスタイルの定番STYLE

 

 

_DSC1399-1 (3)

 

アンリカンと、フレンチSTYLEを融合融合した

左官の塗り壁で仕上げた、モダンなstyle

なんです。

 

やはり、輸入住宅 という デザインは、

 

お好みの方が多くいらっしゃるんだな と

 

実感しています。

 

 

上記 2件のお家は、

 

戸建て賃貸住宅・弊社の自社分譲で、

 

コストも非常に抑えて建築可能な物件です。

 

費用の目安の物件よりも、さらに 低価格でご提供できますので、

 

施工例にて、内部も御覧ください。

 

詳細の価格帯につきましては、是非、お問い合わせ欄に

ご記入の上、ご確認くださいませ。

 

 

 

 

 

雑誌の撮影がきたそうです

2019年04月18日 11:34

 

日野市で建築した ガレージハウス。

もう、雑誌に掲載されることになり、撮影が来られたそうです

 

DSC_0261 (2)

 

 

 

 

DSC_0212 (2)

 

 

このお家です。

弊社で建てた家が、雑誌に載るなんて、すごーくうれしい!

 

 

掲載される雑誌は、 

 

Cal(キャルマガジン)

 

という雑誌で、

 

30代~40代の男性向け

アメリカンな雑誌です。

 

 

 

1292722_p

 

yjimage

 

この雑誌の別冊 住宅特集に掲載されるそうで、

どんな感じに仕上がるのか、すごーく楽しみです

 

 

 

4月末発売されるそうで、また、ご紹介させて頂きます。