045-620-3905

UNCLE BOB HOUSE

資料請求・ご相談

アンクルボブハウスの家づくり

7つの特長

30年以上輸入住宅を作り続けている会社です。

私たちは、昭和57年から30年以上輸入住宅を建て続けている工務店です。これまでアーリーアメリカン、プロヴァンス、フレンチカントリー、ジョージアン様式など、さまざまなスタイルの輸入住宅を建ててきました。

輸入住宅といっても海外の住宅をそのまま建てれば良いわけではありません。高温多湿の日本の気候を考慮しないと、長く暮らすうちに不具合が出てきます。私たちは、30年の経験とノウハウをもとに、本格的な輸入住宅でありながら、日本の気候や風土に合わせた暮らしやすい輸入住宅の提案を得意としています。

また、海外メーカーの輸入キッチンや輸入洗面台なども取り扱っており、色々な種類、デザインのキッチンや洗面台をご紹介することができます。細部までこだわりたいお客様のご要望にもしっかりご対応します。

夢が叶う、フリープランの家づくり

私たちは、お客様それぞれのお住まいをゼロから設計していく「フリープラン」での家づくりを行っています。お客様のご要望や家族構成はもちろん、普段の暮らし方や将来のことまでお伺いしてひとつひとつオリジナルの家をつくっていきます。
「子どもの様子を見ながら料理ができるキッチンがほしい」「家族全員の距離が近い家づくりをしたい」…。思い描かれている家づくりへの夢を、何でも私たちにお話ください。

輸入住宅には、アーリーアメリカン、プロヴァンス、フレンチカントリー、ジョージアン様式など様々なスタイルがありますが、これも難しく考える必要はありません。「こんな家に憧れていた」「こういう部屋で趣味を楽しみたい」など雑誌の切り抜きなどでイメージを伝えていただければ、経験豊富な設計スタッフがお客様にぴったりのプランをご提案いたします。(設計は無料です)

余分なコストを抑えて、コストパフォーマンスの良い家を。

私たちは、維持費のかかるモデルハウスや住宅展示場を持たず、主にクチコミとホームページで営業活動を行っています。広告宣伝にかかるコストを極力下げて、「同じ費用なら品質のより良い家を、同じ品質ならより安く」をモットーに家づくりを行っています。お客様の大切なお金は、純粋に家づくりのためだけに使うべきだと考えています。

創業以来、広告と言えるような広告を出したこともないのですが、当社で家を建ててくださったお客様のクチコミが少しずつ広がっていき、おかげさまで30年以上も家づくりを続けることができています。

頑丈で長持ちする家を責任をもって建てています。

私たちは、2×4(ツーバイフォー)工法を用いて、地震に強く、頑丈で長く住み続けられる家づくりを行っています。工法については輸入住宅ですから基本は2×4(ツーバイフォー)工法ですが、必要に応じて木造軸組み工法(在来工法)や鉄骨造の家づくりも行っています。

工務店の中には設計や施工を外注する会社もありますが、私たちは完全自社施工で設計から施工まで責任をもって家づくりを行っています。お客様との打ち合わせ、コーディネイト、プランづくり、施工までひとつの窓口(担当者)になっており、「言ったことが現場に通じていなかった」などというトラブルは無縁です。スムーズなやりとりで、安心して住まいづくりを楽しんでいただけます。

輸入住宅を愛するスタッフが心をこめて家づくりをします。

アカツカ建設では、輸入住宅を愛する経験豊富なスタッフと輸入住宅に熟練した職人が一丸となって家づくりをしています。
最近は輸入住宅といっても、一般的な壁紙(クロス)で内装を仕上げるケースが増えてきましたが、やっぱり輸入住宅といえば「ドライウォール工法」というお客様もまだまだいらっしゃいます。ドライウォール工法は、内壁の下地処理のひとつで、紙テープやパテを用いて内壁材の継ぎ目部分を丁寧に三度塗りすることにより、劣化しにくい、しっかりした壁が生まれ、さらにペンキで仕上げることによって、壁紙(クロス)とはまるで違う、独特の質感が楽しめます。ドライウォール工法は難易度が高く熟練した職人でないと施工できないのですが、当社なら安心して施工をおまかせいただけます。

また、室内ドアや幅木はすべて現場で丁寧にペンキ仕上げを行っています。最近ではコストダウンのために、あらかじめ着色した建具を採用する輸入住宅も増えてきていますが、現場でペンキ仕上げをおこなった家は、年を経るごとに変化を楽しめる、味わい深い家になるので、当社ではほとんどすべての家で現場でのペンキ仕上げを行っています。現場でお客様も交えて様々な色を調合してイメージに合う色をつくっていく工程は非常に楽しい作業です。

土地探しからのお手伝いも。

買おうとしている土地に思い描いている家が本当に建つのかどうか、不安に思われるお客様はたくさんいらっしゃると思います。そのため、私たちは土地探しのお手伝いもしています。
ご要望にあった土地が見つかったら、どのような家が建てられるかプラニングを行い、お客様が納得して土地を購入できるよう精一杯サポートをいたします。(そのために宅地建物取引の免許も取得しています)ご検討の土地へのプランニングは無料で、仲介手数料もご相談いただけます。

建てる時も、建てた後も安心の家。

アカツカ建設では、いつまでも長く愛着をもって家に住んでいただけるよう、安心のアフターサービスを提供しています。無償の定期点検のほか、その以外でもご連絡をいただければすぐに点検・調査にうかがっています。お客様の安心ために、手間や時間を惜しまないフットワークの軽さが私たちのモットーでもあります。
また、年月を経てメンテナンスが必要になった場合や、リフォームなどもお気軽にご相談ください。建てて終わりではなく、愛着を持って住み続けていただけるためのお手伝いをさせていただきます。

1.30年以上輸入住宅を作り続けている会社です。

私たちは、昭和57年から30年以上輸入住宅を建て続けている工務店です。これまでアーリーアメリカン、プロヴァンス、フレンチカントリー、ジョージアン様式など、さまざまなスタイルの輸入住宅を建ててきました。

輸入住宅といっても海外の住宅をそのまま建てれば良いわけではありません。高温多湿の日本の気候を考慮しないと、長く暮らすうちに不具合が出てきます。私たちは、30年の経験とノウハウをもとに、本格的な輸入住宅でありながら、日本の気候や風土に合わせた暮らしやすい輸入住宅の提案を得意としています。

また、海外メーカーの輸入キッチンや輸入洗面台なども取り扱っており、色々な種類、デザインのキッチンや洗面台をご紹介することができます。細部までこだわりたいお客様のご要望にもしっかりご対応します。

2.夢が叶う、フリープランの家づくり。

私たちは、お客様それぞれのお住まいをゼロから設計していく「フリープラン」での家づくりを行っています。お客様のご要望や家族構成はもちろん、普段の暮らし方や将来のことまでお伺いしてひとつひとつオリジナルの家をつくっていきます。
「子どもの様子を見ながら料理ができるキッチンがほしい」「家族全員の距離が近い家づくりをしたい」…。思い描かれている家づくりへの夢を、何でも私たちにお話ください。

輸入住宅には、アーリーアメリカン、プロヴァンス、フレンチカントリー、ジョージアン様式など様々なスタイルがありますが、これも難しく考える必要はありません。「こんな家に憧れていた」「こういう部屋で趣味を楽しみたい」など雑誌の切り抜きなどでイメージを伝えていただければ、経験豊富な設計スタッフがお客様にぴったりのプランをご提案いたします。(設計は無料です)

3.余分なコストを抑えて、コストパフォーマンスの良い家を。

私たちは、維持費のかかるモデルハウスや住宅展示場を持たず、主にクチコミとホームページで営業活動を行っています。広告宣伝にかかるコストを極力下げて、「同じ費用なら品質のより良い家を、同じ品質ならより安く」をモットーに家づくりを行っています。お客様の大切なお金は、純粋に家づくりのためだけに使うべきだと考えています。

創業以来、広告と言えるような広告を出したこともないのですが、当社で家を建ててくださったお客様のクチコミが少しずつ広がっていき、おかげさまで30年以上も家づくりを続けることができています。

4.頑丈で長持ちする家を責任をもって建てています。

私たちは、2×4(ツーバイフォー)工法を用いて、地震に強く、頑丈で長く住み続けられる家づくりを行っています。工法については輸入住宅ですから基本は2×4(ツーバイフォー)工法ですが、必要に応じて木造軸組み工法(在来工法)や鉄骨造の家づくりも行っています。

工務店の中には設計や施工を外注する会社もありますが、私たちは完全自社施工で設計から施工まで責任をもって家づくりを行っています。お客様との打ち合わせ、コーディネイト、プランづくり、施工までひとつの窓口(担当者)になっており、「言ったことが現場に通じていなかった」などというトラブルは無縁です。スムーズなやりとりで、安心して住まいづくりを楽しんでいただけます。

5.輸入住宅を愛するスタッフが心を込めて家づくりをします。

アカツカ建設では、輸入住宅を愛する経験豊富なスタッフと輸入住宅に熟練した職人が一丸となって家づくりをしています。
最近は輸入住宅といっても、一般的な壁紙(クロス)で内装を仕上げるケースが増えてきましたが、やっぱり輸入住宅といえば「ドライウォール工法」というお客様もまだまだいらっしゃいます。ドライウォール工法は、内壁の下地処理のひとつで、紙テープやパテを用いて内壁材の継ぎ目部分を丁寧に三度塗りすることにより、劣化しにくい、しっかりした壁が生まれ、さらにペンキで仕上げることによって、壁紙(クロス)とはまるで違う、独特の質感が楽しめます。ドライウォール工法は難易度が高く熟練した職人でないと施工できないのですが、当社なら安心して施工をおまかせいただけます。

また、室内ドアや幅木はすべて現場で丁寧にペンキ仕上げを行っています。最近ではコストダウンのために、あらかじめ着色した建具を採用する輸入住宅も増えてきていますが、現場でペンキ仕上げをおこなった家は、年を経るごとに変化を楽しめる、味わい深い家になるので、当社ではほとんどすべての家で現場でのペンキ仕上げを行っています。現場でお客様も交えて様々な色を調合してイメージに合う色をつくっていく工程は非常に楽しい作業です。

6.土地探しからのお手伝いも。

買おうとしている土地に思い描いている家が本当に建つのかどうか、不安に思われるお客様はたくさんいらっしゃると思います。そのため、私たちは土地探しのお手伝いもしています。
ご要望にあった土地が見つかったら、どのような家が建てられるかプラニングを行い、お客様が納得して土地を購入できるよう精一杯サポートをいたします。(そのために宅地建物取引の免許も取得しています)ご検討の土地へのプランニングは無料で、仲介手数料もご相談いただけます。

7.建てるときも、建てた後も安心の家。

アカツカ建設では、いつまでも長く愛着をもって家に住んでいただけるよう、安心のアフターサービスを提供しています。無償の定期点検のほか、その以外でもご連絡をいただければすぐに点検・調査にうかがっています。お客様の安心ために、手間や時間を惜しまないフットワークの軽さが私たちのモットーでもあります。
また、年月を経てメンテナンスが必要になった場合や、リフォームなどもお気軽にご相談ください。建てて終わりではなく、愛着を持って住み続けていただけるためのお手伝いをさせていただきます。