045-620-3905

UNCLE BOB HOUSE

資料請求・ご相談

アンクルボブハウスの家づくり

アンクルボブハウスの家づくり

私たちが担当します!

私たちが担当します!

文化財のような家を建てたい!

文化財のような家を建てたい!

ある時「教会のような家を建てたい」というお客様がご相談にいらっしゃいました。それは、東京の文京区にある「根津教会」という国の有形文化財に登録されている歴史的建造物でした。「根津教会が大好き!」というお客様の願いを叶えるためスタッフは何度も根津教会に足を運び、どのようなデザインや作りなのかを研究しました。
苦労のかいあって、教会を思わせるデザインを取り入れながら、内装にはアンティークショップで見つけたインテリアなどを組み込み、なんとかご希望通りの輸入住宅が完成しました。

シンデレラ城に住みたい!

シンデレラ城に住みたい!

シンデレラ城のモデルとなった「ノイシュバンシュタイン城のような家に住みたい!」というお客様もいらっしゃいました。ドイツ旅行の際に見学されて、いたく感動されたとか。
とはいってもさすがにお城のデザインをそのまま再現するわけにもいかず、変に再現してしまってパチンコ店みたいな家になってもダメだし。どんな建物か理解したくても実際にドイツまで行くわけにもいかず。。。
最終的には、お城のような外装そのものを作るのではなく、窓やバルコニーの装飾にヨーロッパのお城を思わせるデザインを取り入れて、町並みに調和する、デザイン性と居住性の高い家づくりを意識しました。
好みのわかれる家にはなりましたが、お客様は大変満足なお城のような邸宅ができ上がりました。

暖炉の前でウィスキーを楽しみたい!

暖炉の前でウィスキーを楽しみたい!

「暖炉の前でゆっくりとウイスキーや洋酒を楽しみたい」という憧れを持つ男性のお客様は多くいらっしゃいます。最近は薪ストーブを設置する家も増えてきていますが、薪ストーブはあまり炎が見えないため、「暖炉でゆらゆら燃える炎を眺めたい」というこだわりをお持ちのお客様の場合は暖炉を施工することになります。ちなみにアカツカ建設は事務所に暖炉があるぐらい暖炉の施工が得意で、今までに数多くの暖炉を施工してきた実績があります。
暖炉の前でウイスキーを楽しみたい男性の皆さま!ぜひアカツカ建設にご相談ください!(薪ストーブの方が輻射熱もあるので暖かいんですけどね)
余談になりますが、住宅密集地で近隣の方との関係上どうしても暖炉も薪ストーブも設置できないお客様のご要望で、「暖炉のように見えるガスストーブ専用スペース」を施工したこともあります。非常に複雑な曲線形状のストーブ置き場だったので、左官の職人さんが3日がかりで作り上げたことを覚えています。

猫足のお風呂を入れたい!

猫足のお風呂を入れたい!

ヨーロッパのクラシックホテルなどをイメージさせる「猫足のお風呂(浴槽」)をご自宅に置きたいというお客様も少なくありません。猫足のお風呂はとてもおしゃれで素敵な雰囲気がありますが、冬はけっこう寒いです!そのため、普段はあまりおすすめしないのですが、大きめのおうちでお風呂のスペースを2つ作れるような場合は、夏場などに楽しめるセカンドのお風呂として思い切ってご提案することも。
猫足のバスタブに浸かって、物思いにふける優雅なひととき。気分はまるでオードリー・ヘップバーンです(例えが古くてゴメンナサイ)

I LOVEシャビーシック

I LOVE シャビーシック

シャビーシックとは、使い込まれて傷が付いたり、ペンキが剥がれて味のあるアンティークなインテリアなどを指します。フレンチカントリーが好きな女性などに大変人気があり、家を建てるときに「階段にわざとキズつけてシャビーシックっぽくしてほしい」というご要望をいただくことも最近増えてきました。職人さんが一生懸命作ったピカピカの階段や床にキズを付けるのは気が引けるのですが、お客様のリクエストと合ってはいたしかたありません。彫刻刀でキズをつけたり、やすりでこすったりして、アンティーク調のインテリアに仕上げていきます。
(アンティークの加減がお客様それぞれでよくわからないので、お客様といっしょに作業することが多いです。)