東京でサーファーズハウス、アーリーアメリカン、
ガレージハウスを建てるなら「アンクルボブハウス」アカツカ建設

menu

Works no.14 大人カッコいいをコンセプト手がけた、スタイリッシュ住宅

アンクルボブハウスの提案する、ニューヨークスタイル住宅。シンプル・スタイリッシュ・カッコいいをコンセプトに、今まで使用したことの無い部材を多く取り入れた住宅。
この家の特徴は、デザインだけではなく、32坪の限られた土地の面積を最大限有効に利用し、
駐車スペース3台、15畳とは思えないLDKの実現、家事動線の確保、スペースの有効利用など、
細部まで考慮したプランニング。お洒落且つコスト面も十分考慮した、お勧めのNew Style です。

東京都立川市 T様邸

  • 敷地面積:108.29㎡(32.7坪)
  • 延床面積:84.46㎡(25.5坪)
  • 竣工年月:2020年6月1日
  • 夫婦+子供1人

Exterior

東レラップサイディングの新色。スノーホワイトを施した外観。
ブラックサッシや、木目を取り入れ、アクセントにしています。
駐車スパースの確保が必須のご要望を優先した配置計画となっています。

Exterior

玄関ドアは、機能性を重視し、日本製の玄関ドアを。
インターホンカバーは、エイジング加工の特注品を取付、床のタイルは、厚みのある、テラコッタタイルを施し、玄関ポーチが引き立つ商品を採用しました。

Exterior

設置の増えてきている、宅配ボックス。

Exterior

エイジング加工インターホンカバー。文字は、アンティークゴールド仕上げ。

Living room

15.8畳のLDK。
シンプル・お洒落・スタイリッシュを意識した空間です。

Dining

キッチンは、畳数を考慮し、壁面設置タイプを選びました。
壁に設置したことで、中央にスペースができ、デザインの調和した、ダイニングテーブルを配置しました。

Living room

片流れの屋根の形を最大限に生かした、リビング空間。天井が、大きい吹き抜けとなっており、15畳とは思えないような、解放感溢れるリビングです。壁かけテレビの壁面・空間を引き立たせる間接照明・ブラインドを設置しなくてもよいサイズの、フィックス窓。細部まで、拘ったリビングです。

Storage space

リビングにあると嬉しい、クローゼットと、弱電スペース。
階段上部のデットスペースをうまく利用し、無駄なく空間利用しました。

Storage space

弱電スパースには、電話や、プリンターを。
今は、携帯、その他、充電するものが沢山あるので、コンセントをこのスペースに5カ所設置しました。

Kitchen

キッチン上部部分をロフトの区間に使用。その他の部分をすべて吹き抜けにし、無駄なく、屋根の形状を生かした空間にしました。

Kitchen

キッチンの面材は、ブラックレザー調のタイプを選び、建具と合わせました。扉の向こうは、洗濯スペース。家事をしながら、水回りにすぐ行けるように、配置しています。

kitchen

キッチン正面の壁には、クリーム色のタイルを全面に施しました。
天板は、現在流行りの、ステンレスバイブレーション。水栓は、人気のRの形をした、グローエシャワー水栓。棚板は、天板と同材の、ステンレス製の板に、スポットライトが埋め込まれている商品を設置しました。

Interior

階段部分の手すり。
アイアン手すりを設置し、階段部分の空間もリビングに取り入れ、広く見せる工夫がされています。

Interior

今回始め使用した、永大
の建具。高さ230cm ある、高さのあるハイドを採用。ドアにインパクトが出て、高級感が増します。引手もアンティークゴールを使用し、細かいところまで、拘っています。

Entrance hall

白い大判のタイルを張った玄関。下駄箱の扉は、ウッドワンの高さのある、ルバー折れ戸を設置。
鍵や、小物を掛ける玄関ニッチも、現在必需品のスペースです。

Hall

玄関ドアのスリットガラスから、入り込む光で、明るい廊下。
内部ドアは、 ウッド調エイジング仕上げの柄の物を設置しました。

Bathroom

現在、奥様にご要望の多い、洗濯スペース。
お風呂=洗面台=洗濯機=洗濯収納=外部物干し
の家事動線を確保しました。
洗濯機上部には、ガス乾燥機 乾太くん を設置。お仕事されている奥様には、お勧めの商品です。

Bathroom

洗面台は、機能性・収納面・コスト面を重視し、リクシルのコストパフォーマンスの良い商品を選択。引手金物を、アンティークゴールドの物に付け替えて、ちょっとアクセントに。

Kitchen

洗濯スペースから見たLDK。

Toilet

「輸入住宅」という仕上げのトイレ。濃いめのベージュの壁に、ライトや、ペーパーホルダーにガラス製品を選び、エレガントな感じに。
収納棚スペースもゆとりがあり、飾り棚・ペーパーストック・掃除用具と使いわけている。

Master bedroom

優しいクリーム色で仕上げた、主寝室。居室には、各部屋ウォークインクローゼットを併設しており、お部屋はスッキリしています。

Hobby room

壁・天井をドライウォール仕上げ・エイジングテイストで仕上げた、多目的部屋。マーブルの仕上で、若い男性に人気の仕上げ方法です。

Interior

永大のビンテージウッド調ハイドア。

Loft

片流れの屋根を選んだ理由の一つに、ロフトスペースの確保。8畳の広さがあり、十分に収納ができる。また、テレビコンセントも備え、将来、居室としても使えるよう考慮した。

Interior

玄関ニッチ。鍵を掛けたり、飾り物をしたりと、必須の空間。

Interior

ステンレス製棚板。スポット照明器具も埋め込みされています。ウッド以外もお勧めです。

Interior

アンティークゴールドのシンプル照明器具。白いドライウォールの壁に、とてもマッチしています。

Interior

カーテンの房掛け。ゴールドの金物を使用しています。束ねるのがとても簡単です。

Interior

スチール製アメリカンスイッチプレート。

Interior

アカシア材の無垢フローリング。リーズナブルな床材です。

Interior

ウォールナット塗装で仕上げたダイニングテーブル。アカシア材の床の色と合わせています。

Interior

玄関にあると嬉しい、手すり。カワジュン の、ステンレス手摺。カワジュンには、スタイリッシュな小物があり、一度は、チェックするとよい、メーカーです。

Interior

ブロンズ色のマリンランプ。