東京でサーファーズハウス、アーリーアメリカン、
ガレージハウスを建てるなら「アンクルボブハウス」アカツカ建設

menu

Works no.16 住宅設備をすべて備えたアーリーカンの家

このお家の特徴は、憧れの住宅設備をすべて兼ね備えたお家。全館空調・太陽光・蓄電池・エコキュート・床暖房 の設備が設置されています。屋根の形状は発電効率を最優先にした、シンプルな屋根。4台停めれる駐車スペースも確保されています。好みのテイストを取り入れつつ、快適にお住まいになる事を最優先した、アーリーアメリカンstyleの物件です。

神奈川県厚木市 W様邸

  • 敷地面積:220.87㎡(66.8坪)
  • 延床面積:188.80㎡(57.2坪)
  • 竣工年月日:2020年10月
  • 夫妻+子供1人

Exterior

太陽光パネルの発電を考慮したシンプルなデザイン。外壁材は、ニチハ、よろい4段木目調のピンク色で可愛いアリーの外観です。

Exterior

シンプルな三角屋根の
アリーアメリカンstyle。

Exterior

玄関ポーチは広めに確保しました。階段の高さも、標準よりも、浅めにし、上りやすさを重視しました。

Entrance hall

玄関ホール。シューズインクロークの他、コート類を掛けられる、クローゼットも設置しました。

Entrance hall

広々とした玄関ホール。
玄関ドアは、機能性を考慮し日本製の物を設置しました。

Living room

24畳のリビング・ダイニング。お孫さんの遊ぶスペースや、3畳のおもちゃ入れのクロークも設置しています。
家具や、照明器具、装飾品は、20年前に建てたお家の物を、利用しアンティークな仕上がりになっています。

Living room

装飾暖炉。ショールーム周りの際に、隣の家具やさんに飾ってあった暖炉。質感や大きさなど、とても気に入り、ご購入されました。

Living room

とても大きなダイニングテーブル。8人掛けテーブルです。ダイニング部分も広いので、スペースに余裕があります。

kitchen

キッチンは、個別に設置。ワイドも、通常よりも広めのサイズです。

kitchen

キッチンは、ウッドワンのホワイト色の框扉。ゴールの取手を取付たので、輸入キッチのような見栄えあるデザインになりました。

Kitchen

3畳ある食品庫。3方向に、可動棚を設置し、収納力がとてもあります。

Interior

20年前に取り付けた、照明器具を再利用しました。

Powder 

トイレ脇手洗い。
機能性を重視し、リクシルの手洗いを設置しました。

Interior

10畳ある、主寝室。南東角部屋でとても明るい寝室です。

Interior

階段の飾り手すりは、輸入の建材を使用しました。

powder

洗面台は、リクシル製。
トールキャビネットも設置し、機能性を重視した
洗面所に。

laundry room

1坪あるランドリールーム。洗濯機、室内物干しの空間です。掃き出し窓の外には、ベランダが。現在必須の動線です。

Interior

ウッドワンの建具を採用。レバーはオプション品のカワジュンゴールドレバー。これだけイメージが、輸入住宅に変わります。

20年前、弊社でアーリーアメリカンのお家を建築させて頂いた、W様ご夫妻。この度、新しお家の建築のお話を頂いた事に、弊社一同、感謝の気持ちでいっぱいです。