東京でサーファーズハウス、アーリーアメリカン、
ガレージハウスを建てるなら「アンクルボブハウス」アカツカ建設

menu

Works no.09 毎日リゾート気分を楽しめる、 カリフォルニア・ビーチスタイルの家

この住宅のデザインコンセプトは、カリフォルニアのビーチスタイル(ビーチハウス)。注文住宅の中でも、よりすぐったハイグレードな仕様の建材をふんだんに使ったスタイルです。壁には、うろこ調のレッドシダーの板張りを、軒天(のきてん/軒の天井部分)にもレッドシダーを施しており、シンプルながら味と個性あふれる外観が目を引きます。階段や照明にもこだわり、造作の洗面台も自慢です。毎日リゾート気分が楽しめるぜいたくな住宅に仕上がりました。

  • 敷地面積:180.39㎡(54.6坪)
  • 延床面積:111.58㎡(33.8坪)
  • 竣工年月:2018年11月
  • 夫婦+子供1人

Exterior

カリフォルニア・ビーチスタイルの家。エントランス周辺に植えたリゾート風の植木がアクセントとして映えています。

Exterior

壁には、うろこ調のレッドシダーの板張りを施しています。壁の色はグレーです。

Exterior

ダークグレーの玄関ドアが、グレー系の外観と調和して落ち着いた印象に。

Terrace

1階リビング前のテラス。軒天にはレッドシダーの板張りを施し、照明器具はシンプルなダウンライトに。

Entrance hall

玄関ホール。ホワイト系の壁とドアで清潔感があふれています。玄関ドアは、輸入物のシンプソンドア。

Living room

1階のリビングルーム。ドライウォール調の白いクロスとヘリンボーン柄に貼った床材で仕上げています。3枚引き戸の大きい窓でとても明るいです。

Stairs

階段は、新潟産の古材に加工を重ねた無垢材のスリット階段です。

Living room

別の角度から見たリビング。テレビを置く面の壁には、古材を使って部屋のアクセントになるようにしました。

Interior

古材を使った壁のアップ。古材の上に、2層に分けて、ブラウンのコーティングをしています。

Interior

ヘリンボーン柄の床材は、ダークな落ち着いた色を選びました。高級感を演出してくれます。

Kitchen

キッチンはウッドワンの「R框タイプ」の無垢材タイプを使用。食洗機もついています。印象的なタイルは、HIRATAタイルのグリーンのタイルです。

Bathroom

造作の洗面台です。シンクと水栓は、輸入住宅用品の定番であるコーラー製の商品を使用。

Stairs

1階と2階をつなぐ階段です。照明にもこだわり、ガラスタイプのものを取り付ました。

Interior

この住宅に使われている照明はすべてオーデリック社のものです。

Master bedroom

2階の主寝室。大きな窓から屋根付きのテラスへ出られます。ポイントクロスには、ローラアシュレイの花柄のものを使っています。

Interior

収納の折れ戸タイプのドアは、輸入物のメソナイトドアを使用し、現場塗装で仕上げました。

Interior

主寝室のほかの3部屋の居室は、お客様の好みでコーディネートできるようシンプルに仕上げています。

Toilet

1階のトイレ(左)のクロスはグレーの柄で、高級なイメージに。2階のトイレ(右)は、床にグリーンのサヴウェイ調のクッションフロアを貼り一味違った雰囲気になっています。

Exterior

外観に取り付けたアクセント照明器具です。アイアンのガラスタイプを選びました。

Interior

2階ホールの照明。モダンな雰囲気を演出する、輸入住宅の定番のタイプのものを使っています。

Interior

ダークグレーの扉に映えるゴールド。高級感を醸し出しています。

Interior

個性的なタイルの洗面台。ミラーは扉になっており、開けるとたっぷり収納で、ごちゃごちゃしがちな洗面室もすっきり。