東京でサーファーズハウス、アーリーアメリカン、
ガレージハウスを建てるなら「アンクルボブハウス」アカツカ建設

menu

Works no.06 遊び心いっぱいのアクセントクロスを採用したサーファーズテイストの家

海辺に建つサーファーズハウスを思わせる、アーリーアメリカンスタイルの家です。どこか温かみを感じさせるクリーム×ブラウン系統の色をほどよく用いた外観が、周囲の住宅になじみながらも個性を放っています。
この家の内装の特色は、各部屋に配した、大胆な配色のクロス使い。鮮やかなブルーやピンクなどの壁紙がそれぞれの空間のアクセントとして効いています。使いやすいキッチンや大型のパントリーなど、見た目の美しさだけでなく、機能性の高さもポイントです。

  • 敷地面積:136.52㎡(41.29坪)
  • 延床面積 104.34㎡(31.56坪)
  • 竣工年月:2017年2月

Exterior

サーファーズテイストを取り入れた外観。カバードポーチがアクセントです。1階正面部分はレッドシダー調、それ以外はクリーム色のウッド調のサイディング。

Exterior

木製の輸入ドアは、グリーン系とブルー系を組み合わせた特徴的な色を調合して現場塗装しました。アクセントは、黄色いアメリカンポストと玄関横のマリンランプです。

Kitchen

テレビを設置する面には濃い目のヘリンボーンのアクセントクロスを配しました。キッチンには流行りのサブウェイタイルを使用。目地を黒にすることでよりおしゃれに。

Living room

キッチンの壁にはブルーのアクセントクロスを。ワイドな掃き出し窓で明るいリビングになりました。

Interior

キッチン横に一畳分のたっぷりのパントリー。その横のドアは洗面室へ直通、家事の大変な奥様動線を考慮したプランです。

Bedroom

グレーのストライプのクロスでスタイリッシュに。2階にある4つのベッドルームは、それぞれアクセントクロスで個性を演出しています。

Bedroom

ベッドルームのひとつ。こちらも大胆な色使いのクロスで部屋の個性を強調しています。

Bedroom

こちらもベッドルーム。イエローとブルーを組み合わせたクロスで、明るくてほどよくポップな印象に仕上がっています。

Bedroom

鮮やかなピンクのクロスがきれいなベッドルーム。オシャレな白のサッシは、クレトイシ社の樹脂サッシ。

Staircase hall

やさしげなイエローのクロスと、こだわりのマリンランプが印象的な階段スペースです。

Entrance hall

玄関ポーチにはウッド調タイルを配し、右側のドアは1帖の大きさのシューズクロークのたっぷり収納で、玄関周りもすっきり。

Bathroom

左:階段下のスペースを有効活用したリネン庫で雑多になりがちな洗面所をスッキリと。こちらにもマリンランプを配しました。
右:ブルーのタイルが清潔感あふれるバスルームを演出。浴槽も広々としています。