東京でサーファーズハウス、アーリーアメリカン、
ガレージハウスを建てるなら「アンクルボブハウス」アカツカ建設

menu

Works no.05 レッドシダーのサイディングが ひときわ際立つ、 サーファーズハウス

家の前に広がる青い海、そんな風景がイメージできそうなサーファーズハウスタイプの住宅です。空間になじむオフホワイトとレッドシダーのサイディングや、開放感いっぱいのカバードポーチが、自然と調和したライフスタイルを演出します。キッチンやバスルームのタイルや、オレンジアクセントのクロスなど、目にするたびに楽しくなるような色使いも魅力。こだわりがつまっているけれど飾らない、ナチュラルな住宅です。

  • 敷地面積:166.03㎡(50.2坪)
  • 延床面積:107.65㎡(32.6坪)
  • 竣工年月:2017年8月

Exterior

カバードポーチが東側と南側にあるので、朝から光が入って明るいのが特徴です。ブラウンのサイディングの素材は、オイルステン塗装したレッドシダーの板張り。

Exterior

北東道路からみたところ。ポーチに上がる階段は枕木を使っています。2色のサイディングの対比が味わい深い外観です。

Covered pouch

カバードポーチ。左の南側にはリビングから出入りできる掃き出し窓があります。床材はサイディングと同じレッドシダーです。黄色い玄関ドアと郵便ポストがアクセントに。

Living room

南側のポーチに面していてとても明るいリビング。床は突板フロアーのヴィンテージ仕上げで、天井は、サイディングと同じレッドシダーの板張り。

Living room

リビングにあるダークグリーンの扉は玄関ホールにつながっています。キッチンの裏手には洗面脱衣スペースがあります。

Interior

南側の掃き出し窓は、全開口できるフルオープンのフォールディングサッシを採用。ゆったりとした開放的が魅力です。

Kitchen

キッチンは、ウッドワンの框タイプ。収納部分の扉は、無塗装品を選んで現場で塗装したもの。深みのあるグリーンのタイルで洗練された印象に。

Interior

玄関ホールへのドアは濃いグリーンでアクセントになっています。階段の左の扉は階段下収納です。

Bathroom

左:造作したアメリカンアンティーク風の洗面台。ミニヘキサゴン模様のタイルが印象的。
右:使い勝手の良いシステムバス。

Master bedroom

主寝室です。個性あるアクセントクロスが印象的。どことなく部屋に温かみが生まれています。

Master bedroom

シンプルでありながら存在感のある主寝室のアクセントクロスです。フローリングと自然になじんでいます。

Children's room

オレンジのアクセントクロスが印象的な、子供部屋。暖色系で部屋もあたたかな雰囲気に。

Children's room

子供部屋の様子。窓からは、明るい光が差し込みます。

Children's room

こちらも子供部屋。たっぷり収納で整頓しやすく、部屋をすっきりときれいに保てます。

Entrance

左:テラコッタ風のタイルを貼った玄関スペース。造作のベンチは荷物を置いたり、腰かけたりするのに便利です。
右:玄関の奥には、ベビーカーもすっぽり収まる大きめのシューズクロークがあります。

Interior

窓には、断熱性・気密性の高い、クレトイシ社の樹脂サッシを採用。

Interior

ストーリーを感じさせる、レッドシダーの板張りとマリンランプです。

Exterior

レッドシダーの板張りは、時間が経つほど素材が深みと味わいが増します。

Interior

ドアはすべて現場で調合したペンキ塗装。既製品の建具と違って、古くなるほど味が出て愛着を感じます。

Bathroom

ミニヘキサゴン柄のタイル。造作ならではのアクセントを生み、バスルームに立つのが楽しくなります。

Interior

洗面室にも、外装と同じ個性的なマリンランプが施されています。