東京でサーファーズハウス、アーリーアメリカン、
ガレージハウスを建てるなら「アンクルボブハウス」アカツカ建設

menu

Works no.01 サイディング×モールディングが調和した アーリーアメリカンスタイル

輸入住宅の中でも人気のアーリーアメリカンのS邸です。
外観は白いサイディングと紺のモールディングのコントラストの美しさが印象的で、飽きのこないデザインに仕上がりました。
ホワイトを基調とした建物に赤いポストがアクセントとして目を惹きます。
内装は、無垢材を使用したフローリングや、ドライウォール工法を施した白い壁など随所にこだわりがいっぱい。
外観にも内部にもこだわった、夢がつまった注文住宅です。

東京都立川市 S様邸

  • 敷地面積:117.90㎡(35.7坪)
  • 延床面積:93.36㎡(28.2坪)
  • 竣工年月:2015年5月
  • 家族構成:夫婦+子供3人

Exterior

白のサイディングに、強調し過ぎない紺のモールディング。シンプルで可愛らしい外観。

Living room

広々としたLDKの床には、こだわりの無垢材を使用。ナチュラルで白い壁に映えます。

Living room

ややクリームがかった壁はドライウォール工法。ペンキで丁寧に仕上げています。

Interior

一家だんらんの時間を充実させるリビングスペース。ナチュラルな壁の色が部屋を明るく彩ります。

Kitchen

左:ホワイトを基調にした清潔感のあるキッチン。イエローのブラインドがアクセントに。
右:ドライウォール工法の壁は、味があり飽きのこない質感にこだわりました。

Interior

手作りのカーテンが部屋を涼し気な印象に。モールディングの上下で壁の色を塗り分けています。

Interior

左:室内の木製ドアはすべて現場でペンキを塗って仕上げています。
右:化粧手すりも現場でペンキを塗っています。時間が経つといいかんじになじんできます。

Interior

左:玄関上の吹き抜けスペースは約1帖。玄関が明るいと家全体の印象も明るく開放感があふれます。
右:2階の吹き抜けスペースから見下ろした様子。ナチュラルで明るい空間が広がります。

Master bedroom

主寝室です。英国調の壁紙で落ち着いた雰囲気に。ダブルハングの窓が印象的。

Interior

娘さんが大きくなったら使う予定の部屋です。

Interior

2人の息子さんの部屋です。男の子はブルーの壁紙を選ばれることが多いです。

Loft room

ロフトスペースです。ハシゴでなく固定階段で行き来できるので安全・便利です。

Stairs

ロフトに上がる階段。化粧手すりは大工さんが余った材料でおまけで作りました。

Interior

左:洗面所です。洗面台は輸入して取り寄せたこだわりのドレッサーです。
右:遊び心がありながら、どこか心落ち着く壁紙が印象的なお手洗い。

Entrance

左:採光にこだわった玄関。右手には土間収納に続くドアがあります。
右:バギーがしまえるくらいの大きさの土間収納。玄関まわりをすっきりさせるための大切なスペースです。

Exterior

ご主人こだわりの赤いポスト。白いサイディングの外観にピッタリのおしゃれなコントラスト。

Exterior

アンクルボブハウスのプレートをプレゼント。