東京でサーファーズハウス、アーリーアメリカン、
ガレージハウスを建てるなら「アンクルボブハウス」アカツカ建設

menu

Works no.02 アンティークな雑貨が映える、 アーリーアメリカンの家

アーリーアメリカンの住宅・N様邸です。
ご主人の仕事の関係で、一家でアメリカのマサチューセッツ州に4年ほど住んでおり、ご家族がすっかり海外の住宅のデザインを気に入ったことから家づくりが始まりました。
奥様はアンティークがお好きで、扉やインテリアなど細部に取り入れているのが特徴的。
ベースはアーリーアメリカンでありながら、至るところにアンティークのセンスが光るおしゃれな住宅に仕上がりました。

東京都立川市 N様邸

  • 敷地面積:143.36㎡(43.4坪)
  • 延床面積:96.00㎡(29坪)
  • 竣工年月:2015年12月
  • 家族構成:夫婦+子供1人

Exterior

ロフトにある正方形の飾り窓が、かわいらしい印象を与える外観。壁はアーリーアメリカン特有のラップサイディングです。

Exterior

住宅街の馴染みやすいアーリーアメリカンのシンプルな外観。

Exterior

左:白にブラウンの扉が映える玄関とアーリーアメリカンの特徴のひとつであるカバードポーチ。
右:おしゃれなポストと表札が印象的。小窓もモールディングで存在感があります。

Living room

リビングルームの床はオークの無垢材。白い壁で明るくナチュラルな雰囲気に。

Kitchen

おしゃれなひし形の壁面タイルがアクセントとなっている木製扉のキッチンです。手前のカウンターの下にはレンジや炊飯器のスペースあり。

Japanese-style room

ツートンカラーのブラインドが和になりすぎず、モダンな雰囲気をかもしだしている和室です。

Master bedroom

ご夫婦の寝室。サーモンピンクのクロスが、柔らかくあたたかな空間を演出しています。

Boys room

爽やかな淡いブルーの壁紙が印象的な、男の子の部屋です。

Interior

左:ご主人の趣味の部屋です。向きは北側ですが、天窓から明かりが差し込むように工夫が施されています。
右:ロフトスペースに上がる階段。はしごではなく固定階段なので安全に行き来できます。

Entrance hall

左:玄関スペースです。右側の扉はシューズクロークで、たっぷり収納できます。
右:ナチュラルな玄関スペースのタイルや階段の化粧手すりもこだわりのひとつ。

Interior

左:1階のお手洗いスペース。モザイクタイルと木製扉でアンティーク風に造作しました。
右:奥様お気に入りの洗面ボウルと水栓は、海外から厳選して取り寄せたアイテムです。

Bath room

左:2階の南側、バルコニーの横にレイアウトした洗面スペース。こちらも造作した一点ものです。
右:ブルーの細かいタイルが個性的な、清潔感あふれるバスルームです。

Toilet

左:2階トイレ。現場でペンキを塗り、落ち着いたアイスグリーンカラーに仕上げています。
右:1階のトイレです。白のクロスに木製の窓枠と収納が、温もりを感じるアクセントになっています。

Interior

左:2階の洗面台も、輸入で取り寄せたこだわりの洗面ボウルです。
右:電気スイッチもアンティークタイプのものをセレクトしました。

Interior

左:アンティーク好きにはたまらないレトロな秤。キッチンの小物類は、アメリカの雑貨屋さんで見つけたアンティークを揃えています。
右:ドアホンの上にある軍隊のミニチュアに遊び心を感じます。アメリカのゲームセンターで当たったものだとか。